相手の気持ち

「愚者」から読みとく復縁したい相手の気持ち

更新日:

相手の気持ちを占うポジションに「愚者」が出た場合の解釈です。
愚者の無責任な遊び人的キャラクターが彼の本心を読みとくカギになります。
正位置・逆位置ともに目先の快楽を求める無計画な欲望がみえます。
深層心理にはついてしまった嘘がばれる恐れが…

愚者の復縁相手の気持ち

【正位置】の愚者 → 遊び人の気持ちが見え隠れ

復縁したい相手の気持ちを占って「愚者」が正位置で出た。
この場合、無責任に快楽を追い求める男性的本能を表していると解釈できます。

男性心理を理解するポイントは、愚者の足元に描かれた「犬」です。
この犬は現世的(肉体的)な欲望の象徴です。

愚者は悟りを求めて旅に出る求道者という高尚な意味があります。
その一方で、無計画に目先の快楽を追い求める遊び人の姿でもあります。
恋愛占い、とくに復縁占いで特定の人の気持ちをみる場合は、無計画な遊び人の姿があてはまります。

彼の気持ちはずばり、「遊んでいたい」。
面倒な(重い)関係は避けたい。
真剣な交際、結婚についてはまだ考えたくない。
あなたと一緒にいるのは楽しいと思っている(いた)。しかしそこには気軽で都合のいい関係を維持したい、そんな気持ちもあったようです。

別れてから間もない相手であれば復縁できる希望はあります。
しかしその場合、セカンド彼女的な存在になってしまう可能性があるので慎重さが必要です。
彼の心には壮大な夢や理想がありますので、将来を約束するようなことを言うかもしれませんが、具体的な計画性に欠けます。口約束には気をつけて。

一緒にいると楽しいけれど、真剣な交際を考え始めると無責任さも感じられてくる…そんな相手の気持ちがみえてきたとき、どうしたらいいのでしょうか?

いちばん大切なのは、あなた自身がどうしたいか。自分自身の本心をよく見つめてみることです。
曖昧な関係でも楽しめればそれでいいと思えるのであれば、それはそれで一つの恋愛のカタチ。過去を気にせず、未来のことは考えず、現在を楽しむ。そういう関係でいいという人もいるでしょう。
一方、将来を考えた真剣なお付き合いがしたいと思う場合。その場合、新たに誠実に愛し合える人との出会いを求めるという選択肢も出てきます。
自分が求めているのは「その人」なのか、愛そのものなのか。ここを自覚することが苦しみから抜け出すためのポイントです。
本当に自分の求めているものがわかれば復縁を諦めずに想い続けるか、気持ちの切り替えはつらいけれど新しい出会いをさがすべきかがみえてきます。

愚者のカードのイメージを相手の姿にかさねながら、自分が本当に求めているものは何なのか見つめてみましょう。

【逆位置】の愚者 → めんどくさい。でも本当は…

正位置同様、刹那的な快楽を求める遊び人的な心境。
ただし逆位置の場合は「めんどくさい」という感情が入ります。

関係の変化がめんどくさい。重たい気持ちがめんどくさい。新たな関係を始めるのも、古い関係を終わらせるのもめんどくさい。責任をとるのがめんどくさい。

わずらわしくない都合のいい関係としての復縁は可能性がありますが、遊びの要素がかなり入ります。
少しでもめんどくさい(重い)と感じたら逃げるでしょう。

そんな相手の深層心理を覗いてみれば「本当の自分を知られたくない」という恐れが見えてきます。
あなたと付き合い始めた頃、彼はたくさん嘘をついていたようです。自分をよく見せるための嘘ですね。
付き合いが長くなるほど、昔ついた嘘を見抜かれる心配が相手の心のなかで大きくなってきていました。
本当の自分を隠すために、嘘がばれる前に逃げたい――そんな潜在意識が彼のなかにあるのです。これが、二人が深い関係に進展することを妨げている原因で、復縁の障害でもあります。
彼の無意識の部分にはこのような心理があるのだと考えてみると、急に態度が変わってしまった理由が納得できるかもしれません。

冷静に振り返ってみると、「あれって、今思えば嘘だったのかも」と思えることが色々あるはず。職業・経済状況、恋愛経験、交友関係、趣味など、意外な部分で嘘をついていたことに気づけることでしょう。
嘘と演技を取り払った彼の姿は、あなたがイメージしているその人とはある意味、別人かもしれません。
それでもいいと思えるなら、真実の彼の姿を受け入れることで復縁できる可能性はあります。

-相手の気持ち

Copyright© 復縁占いのためのタロット意味解釈辞典 , 2021 AllRights Reserved.