相手の気持ち

「審判」が表す相手の気持ち【復縁したい元彼の本心】

更新日:

タロット占いで相手の気持ちを表すポジションに「審判」が出た場合の解釈例です。
正位置なら相手は復縁を意識しているでしょう。
ただし曖昧な関係にけじめをつけようという意思が感じられるので、相手との関係性によっては覚悟が必要です。
逆位置なら彼の心のなかでは元カノのことがすでに過去になっている可能性があります。
忘れられない元彼のことを占って出たとしたら、未練を断ち切って先に進むきっかけとして受け止めたいカードです。

復縁したい元彼の気持ちを審判のタロットから読む

【正位置】の審判 → 復縁を意識している

審判が正位置で出たら、相手は復縁を意識しています。
別れてからあまり時間がたっていない相手なら「やりなおしたい」と考えている可能性が高いです。
別れてから長期間たっている相手は「やっぱり○○がよかった」とあなたのことを思い出しているときでしょう。
審判は「復活」を象徴するタロットですので、愛情がよみがえるタイミングだと解釈できます。

審判は「けじめ」のカードでもあります。曖昧な状態に決着をつけようとする気持ちが強まる時期に現れる一枚です。
ケンカ別れした相手ならわだかまりを解消したいと思っているでしょう。
相手の浮気が原因で別れたのだとしたら、二股をやめようとしています。
結婚する意思がない人だったとしたら、今度こそ結婚を前提の交際をしたいという覚悟がうかがえます。
相手が既婚者で不倫の関係だった場合、今の奥さんとの離婚を決意している可能性があります。

正位置はおおむね前向きな意味になりますが、上述の「けじめ」のカードとしての性質があるため気をつけたい点があります。
まず、こちらの気持ちをはっきりさせておく必要があります。
相手は色々とはっきりさせたいという気持ちが強まっていますので、それに合わせてこちらも迷いのない状態でいたいところです。
どちらともとれるような言葉で受け答えをしたり、察してもらおうと曖昧な態度で接すると相手の決意が揺らぎます。苛立たせてしまうこともあるでしょう。
すでに駆け引きを楽しむ段階ではないのです。

元彼とよりを戻すことを考えている場合はうまくいく可能性が高い状態だと言えます。相手のまっすぐな気持ちを受けとめて、こちらもストレートに気持ちを伝えてみて。

不倫相手と再会したいという願望の場合、昔のように曖昧な関係を続けるのはむずかしい様子。二人の間に温度差がありそうです。遊びの交際を楽しめる時期は過ぎたということでしょう。
真剣交際に切り替える場合新たな可能性が見えていますが、幸福と困難の両方を受け入れる覚悟が必要です。
こうした状況では相手がどう思っているか以上に、こちらが本当はどうしたいかをはっきりさせておくことが重要となります。

【逆位置】の審判 → 過去の関係は終わったことになっている

審判の逆位置の解釈はきびしい意味が並びます。
正位置は「復活」を意味しますが、逆位置ではその反対の意味になります。
相手のなかで過去の関係は終わったことになっていて、やりなおすことは意識していない可能性が高いです。

占った相手が昔の元彼であれば、過去は振り返らずに新しい人生を生きているのでしょう。
別れた直後の相手なら、少なくとも現段階では別れるという決意が強いようです。
既婚者だった相手の場合、過去の関係は清算したと考えています。

大アルカナ20番目のカードとなる審判はこれまで続けてきたことの結果が出た状態を表します。
相手の気持ちを占って出た場合、これまで考えてきたことが結論に至ったのだと考えられます。

審判の逆位置が出たとき、その重い意味をどのように受けとめればいいのでしょうか?
1つの考え方は、諦めて次に進むきっかけにすることです。
昔付き合っていた相手のことを占った場合なら、未練を断ち切って新しい出会いを求めるきっかけにする。
そうすれば自分自身が「復活」するきっかけをあたえてくれるポジティブなカードになります。

別れてすぐの相手、別れそうな相手の気持ちを占った場合なら、とりあえず保留にしておきましょう。審判の逆位置からは相手の決断を急ぐ気持ちが見てとれますが、別れ話の直後ならまだ運命は決まり切っていません。落ち込んだとき特有の絶望的な気持ちが表れていると考えることもできます。
冷却期間をとってお互いの気持ちが落ち着くのを待ってみましょう。

-相手の気持ち

Copyright© 復縁占いのためのタロット意味解釈辞典 , 2021 AllRights Reserved.