相手の気持ち

「女教皇」からわかる相手の気持ち【復縁・元彼】

更新日:

元彼の気持ちを読みとく「女教皇」の解釈です。
女教皇からわかるのは彼の恋愛に冷めた消極的な気分と、その奥に隠された肉体的欲求。
煮えきらない本当の理由と、そこから考えられる復縁法を解説します。

復縁での女教皇の相手の気持ち

【正位置】の女教皇 → 異性として意識できない

相手の気持ちを占って女教皇が出た。
そんなとき、復縁したい人・元彼はあなたのことを友達のような感覚で見ている可能性があります。
人間的に嫌っているわけではないようですが、恋愛感情は冷めていると解釈できます。

女教皇は理性のカード。
感情的に盛り上がっているときではなく、知的な面が現れている状態を表します。
情熱か冷静かで言えば、冷静。落ち着ています。

発展途上の男女の関係を占って出た場合なら、精神的なつながりが強くなる時期だとみることができます。
しかし一度別れた相手の気持ちをみるとしたら、恋愛への積極性を失っている状態です。

友達としてはありだけれど、恋人としては煮えきらない彼の気持ち。
なぜ彼はそんな冷めた状態になっているのでしょう?
それは、パートナーを異性として意識できなくなったことが原因かもしれません。
夜の生活に飽きる、不満を感じている(いた)、幻滅するような部分を見てしまった、長く一緒にいたため友達感覚になってしまった、などの理由が考えられます。

深層心理まで読みとくと、彼は肉体的な欲求を抑えこんでいます。
肉体的欲求を抑えているので、その反動で表面的にはやさしくて包容力のある人の雰囲気になるのです。
「ずっと仲良くしていたのに、いきなり別れることになった」という場合、男性は本能的な欲求を胸の底に隠しながら理性的に振るまっていたが、ある瞬間に無意識に抑圧していた願望が出てきてしまった…という心の動きがあったことがうかがえます。

ウェイト版の女教皇では理知的な処女の背後にザクロが描かれています。
このザクロは肉体的な意味での女性の象徴です。
彼の気持ちをこの絵柄にあてはめて解釈すると、「欲求を抑えこんで理性的な態度を装っている」となります。

表面的には冷めた感じに見えるかもしれませんが、心の深い部分には女性を求める男性的エネルギーがあふれています。
その冷めた雰囲気の奥に隠された欲求を刺激することで復縁できる可能性が出てきます。
もし会うことができる相手であれば服装や髪形を変えたり、香水を変えるなどフェロモンを感じさせる方法を考えてみましょう。
LINEなどでやりとりができる関係なら、男性的に自信がつくような言葉をさりげなく会話に取り入れて。男性は上手に褒めれば自信がついて、自信をつけさせてくれた女性を魅力的な異性として意識するようになります。
音信不通の相手の場合、向こうから連絡が来るのを待つよりもこちらからしたほうがいいでしょう。

【逆位置】の女教皇 → ただ疲れているだけの可能性

正位置と同じく、恋愛に消極的な気分になっています。

逆位置だと恋人(元カノ)との関係に不満がある(あった)場合と、単純に男性的エネルギーが衰えている場合の両方が考えられます。
ストレスが多い環境にいると男性の恋愛的欲求の源である男性ホルモン、テストステロンの分泌量が減少。恋愛に消極的になります。
逆位置で女教皇が出たときは、ストレスなどで相手の男性的エネルギーが弱っている可能性も考慮しておきたいところです。

スピリチュアルの世界では身心二元論(からだとこころは別)という考え方が主流ですので、タロットの解釈にもからだとこころを切り離した考え方が見受けられることがよくあります。
しかし、現実には精神と肉体は切り離せないものです。
男性心理を読みとくときは、彼の気持ち・気分・思考が肉体的な調子(バイオリズム)に左右されている可能性も考えると、より深く理解することができるようになります。

そうすると、復縁するための対処法も見えてきます。
たとえば、相手とまだ会える関係であれば彼にとってストレス解消とリフレッシュになるような予定を入れます。日頃の悩みから解放されるようなこと、場所を選びましょう。
ストレスと疲労が解消されればおのずと男性の本能的なエネルギーが高まりますので、そのとき一緒にいる女性に対しての恋愛感情が高まるのです。
これなら「友達からの復縁」の流れに期待できます。

連絡だけのつながりの場合も癒しとリフレッシュを与えることを意識してみて。たとえばアイドルやアニメの女の子のような雰囲気を出してみると“効く”と思います。男性の“純粋”な部分を効果的に攻めていきましょう。

-相手の気持ち

Copyright© 復縁占いのためのタロット意味解釈辞典 , 2021 AllRights Reserved.